メタボを放っておくと大変なことになるかもしれませんよ

メタボについて


お腹がでている

現代を生きる日本人の多くの人が、「生活習慣病」という病に頭を抱えています。
生活習慣病の中でも、比較的ポピュラーなのが「糖尿病」と呼ばれる病です。
こういった病気というのは、それぞれの病気が別々に進行するわけではないと言われています。
なんと、お腹まわりの内蔵に脂肪がたくさんついてしまっていることが大きく関係しているそうです。
いわゆる内臓脂肪型肥満による影響が、非常に大きいのです。

そして、この内臓脂肪型肥満と併せて、高血糖や高血圧、脂質異常のうちの2つ以上を持っている状態を「メタボ」と呼びます。
メタボリックシンドロームというのは、日本語に訳すと「内臓脂肪症候群」となります。
内臓脂肪がたくさん蓄積されてしまうと、糖尿病、高血圧症、高脂血症など、さまざまな生活習慣病を併発してしまいます。
最悪の場合、動脈硬化を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

メタボのままでいたくないなら、当然なんらかの改善をしていかなくてはなりません。
詳しい改善方法については、別ページで紹介していきます。
簡単に紹介すると、運動や食事、薬などといった方法があります。
重要なのは、生活習慣を改善するという点で、その点をしっかり行えば、高血糖や高血圧、脂質異常は改良くなっていくでしょう。

しかし、薬などを使い、その効果で高血圧の症状が改善されたとしても、ほかの高血糖や脂質異常は改善されていないのです。
これでは、メタボは改善されたことになりません。
では、メタボをしっかりと改善していくためには、どのようにしていけば良いのでしょうか。